ヨシエさん、うるさいです~小さいおばさんのいる生活~

作者 宇部 松清

見た目は小さい、態度はデカイ。その名は、小さいおばさんヨシエ!

  • ★★★ Excellent!!!

皆さんは、『小さいおっさん』と言うのをご存知でしょうか?
数センチ程度の身長しかない小人の中年男性で部屋の中などに現れてはすぐに姿をかくす、そんな都市伝説です。

ズボラなのが原因で同棲中の彼氏に出ていかれ、傷心中のフリーターみくちゃん。そんな彼女の前に現れたのがそんな小さいおっさんならぬ、小さいおばさんでした。

この小さいおばさん。現れるなりおばさん特有の(?)おせっかいを発揮して、やれ惣菜ばかりはダメだの、やれ買い物はこうした方がいいだの、頼んでもいないのにあらゆることに逐一口出ししてきてうるさいことこの上ない。普通こう言う得体のしれない存在って少なからず怖さや気味の悪さを感じそうですが、小さい以外はあまりも普通のおばさんそのものなので、そんなもの感じる暇もありませんでした。

そんな小さいおばさんヨシエさんはなぜかみくちゃんを気に入り、毎日のように現れるのですが口うるさくおせっかいなこの人とも、いつの間にか絆が芽生えて……なんてことになったかとうかは分かりませんが、とにかく賑やかな毎日を送ることになります。
いてくれて特別嬉しいなんてことはないけれど、疲れた心を忘れさせてくれるヨシエさん。自分のところにも来てくれないでしょうか?
うーん。来たら来たで、すっごく扱いに困るかもしれません(;´∀`)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

無月兄さんの他のおすすめレビュー 1,367