第2話 白椿の命

白椿は唱えます「ーーーー!」


白椿は次代の巫女でした。

母は巫女で父親とは側室の間柄であり、たまたま神社に静養にきた父に母が娶られたと聞いていました。そんな母はいつもいっていました。

「人の心には鬼がいる、鬼が纏う闇に打ち勝つには己を信じること、闇を恐れない事」



ところが、闇を目の前に、白椿は怯んでしまいました。


それでも、光り輝く白椿。

よくみると、光っているのは、着物でした。


闇が手出しできないようです。



「母の…背守り…の、力…?」

---------------


「愛しい人が魂を抜かれてしまった…」

「闇は消えていない…消すことはできなかった…退散しただけ」

「魂を持ったまま、西へ消えていった…闇を追いかけなければ。」



白椿は旅立ちます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

第1話 白椿姫 @riisa0207

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る