天つ空の下で知らぬ君を想う

作者 @zip7894

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 15話 エピローグへのコメント

    5万文字も。
    書いてくださりありがとうございました。
    同じ出発点からぜんぜん違う話ができあがって
    面白いものですね。

    ユウがふたりいたり、桜まで。
    ドッペルゲンガー的でした。
    メジャーなモチーフを
    うまくストーリーに溶け込ませていて
    よかったと思います。

    作者からの返信

    九乃カナ様
    こちらこそ題材いただきましてありがとうございます。

    全然、納得いっていない作品になってしまいましたが、話の全体を整えるには一旦は、完成させないと……迷走しましたがなんとか書き終えました。
    キャラの関係性、葛藤、描写、背景等かなり不足している部分が多いので加筆修正は続けるつもりです。
    最終的には7万字までいくと思います。

    いろいろコメント、レビューありがとうございました。

    2020年1月12日 21:23

  • 13話 底の姫へのコメント

    謎が明かされましたね。
    あとは脱出。
    追いかけられるのってスリルがあってよいものです。

    作者からの返信

    ターミネーターしかり、追いかけられるのは物語にはよくあるパターンですが、魅力的な展開かなと……。
    この作品は、うまく書けていませんけど。

    2020年1月12日 21:15

  • 12話 蓮足の腹の中へのコメント

    黄泉比良坂が蓮足の腹の中に?!
    蓮足、なんという子っ!!
    キャラが増えましたね。
    小説の世界が広がっています。

    作者からの返信

    蓮足、恐ろしい子です……。

    蓮足そのものが別世界への門といったニュアンスで捉えてもらえればよいかと思います。

    2019年12月10日 20:47

  • 11話 架空の町 人影だけの住人へのコメント

    ラスボス登場で桜がピンチ。
    盛り上げますな。
    ますます面白くなりそう。

    作者からの返信

    ありがとうござます。
    でも、うっかり下書きのものを公開していました……。
    慌てて書き直してます。

    2019年11月5日 22:42

  • 10話 迷いの乙女は黒い湖へ向かうへのコメント

    蓮足がなにものなのか。
    すこしづつヒントらしきものが出ていますね。
    さっぱりわかりませんけれど。
    もとは人間だったのかなくらいで。
    はじめのユウが異世界に取り残されるところに
    ヒントがあるのでしたっけ。
    見直していませんけれど。
    完結してから見直そうと思って。

    作者からの返信

    桜が元々心の中に抱えていた闇が具現化したモノという事する予定です。
    闇=仲が良かったはずのユウのことを心のどこかで疎んじてた感情ですかね。
    これを桜が自覚すると、ユウを助ける為に行動していた事と置き去りにして後悔していた気持ちと矛盾が生じることになって桜を葛藤させる事ができるのではと考えてます。

    結末、終盤とつじつまが合うように各話ずつ調整を開始しているので初読の時とは所々変わっていると思います。

    2019年11月10日 00:13 編集済

  • 9話 百鬼夜行へのコメント

    蓮足討伐が目標に設定されましたけれど
    障害が待ち受けていそうですね。

    仮タイトルがそれっぽくかわってる!
    よかったよかった。
    いつまでもこのままではちょとねって感じでしたから。

    作者からの返信

    なかなかしっくりくるタイトルが思いつかなくて……

    更新滞ってますが、水面下では書き進めています。
    物足りない部分、後半との差異等全体的の調整に加筆修正も予定中。
    結末までは、あと5話くらいで収めたいたいと思っていますので今後とも宜しくお願いいたします。

    2019年10月22日 10:24

  • 9話 百鬼夜行へのコメント

    タイトル付いたんですね、かっこよくセンスあるタイトルです。

    最後、『。』が余分についてます(わざとだったら、ごめんなさい)

    作者からの返信

    誤字ってことですよね。
    よくやっちゃうんですよね。
    どうもです。

    2019年9月23日 01:46

  • 8話 土地神さまへのコメント

    土地神様登場して、なかなかにまがまがしい。
    蓮足の正体が気になりますね、桜のつぶやき。
    土地神様と会うミッションが終わって
    つぎの展開が楽しみです。

    作者からの返信

    読んでいただきありがとうございます。
    土地神さまは、提供されているプロットのドラゴンにあたる部分のアレンジとなります。
    蓮足(はすた)はハスター(クトゥルフ)のフォロワーキャラです。
    正体は、いまのところ桜のネガティブ面の予定です。
    もうすぐ三幕へ入ります。

    2019年9月23日 01:45

  • 7話 赤い鎧の付喪神へのコメント

    記憶を失っていたとは。
    オオモノを倒す方向へ
    条件が積み重なっています。
    憎いほどうまいですなあ。

    作者からの返信

    褒めていただき有難うございます。
    このあたりくらいまでに理由を出しておかないと、と思いまして。
    ただまだ何か桜の行動理由が足りない気がするんですよねえ……
    とはいえなかなか、納得いく文章に仕上げられなくて苦労してます(苦)

    2019年9月16日 13:42 編集済

  • 6話 人影の村へのコメント

    緊迫の場面から一気に弛緩。
    いい感じです。
    水城はもふもふを狙っていたのですね。
    もふらーは貪欲です。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    桜には白蛇、ユウには付喪神の赤武者
    二人には妖とのコンビを組ませているので水城も玉兎とペアにさせました。
    これでキャラのバランスをとろうかと思っています。
    もふもふは、水城が玉兎を気に入る過程を描くより手っ取り早いかと思って書きました。
    プロットから外れて登場しているサブキャラたちですがどうでしょうか?

    2019年8月20日 21:33 編集済

  • 5話 霧の里へのコメント

    頼りにならなそうな水城、いい感じです。
    オカルト好きなのに、本当に目の前にするとあたふたしちゃうっていう。
    本心では信じていないのかもしれませんね。

    ラブクラフトっぽい名前が出てきたりして
    日本の異世界っぽさとミックスが面白いんじゃないですか。
    いろいろな怪物に登場してもらいたいところ。

    作者からの返信

    本来、桜が起きる事に対して驚き騒ぐ役割の予定だったのですが、それを水城に担当させることにしました。
    一緒にいることが多くなると思うのでキャラふたりの個性がかぶらないための対策です。コメディーリリーフにさせようと思います。
    オカルト好きは急遽、レギュラーにしたので後付け設定なのですが、いろいろブレていますよね。過去設定をちゃんと考えてない結果かも。

    クトゥルフ、バレてしまいましたね。
    この段階ではわからないだろうと思っていましたが甘かったです。
    コメントありがとうございました。

    2019年8月17日 21:45

  • 4話 異界への通り門へのコメント

    泣き上戸の門番、ちょろい。
    水城が登場したり
    門番が兎だったり
    動きがあって面白かった。
    月光で耳だけ見えるって場面も
    これから出てくるぞって感じで
    緊迫感がありました。

    作者からの返信

    予定していなかった水城、登場させました。
    別のキャラの置き換えになってくと思います。
    門番がウサギなのは、【不思議の国のアリス】のオマージュで、イメージは、【時空道士】という韓国映画に登場する兎の妖怪です。
    名前は西遊記に登場する"玉兎"という妖怪から。
    徐々に最初のアウトラインから変わってきて始めてきてエンディングが心配になってきました……。

    レビューもありがとうございます。
    未完で、しかもあまり進んでいないのに、この時点で★をつけて頂いて恐縮です……。

    2019年8月15日 12:46

  • 3話 妖の誘いへのコメント

    いよいよ異世界へですね。
    どんな風に描かれるのか
    楽しみです。

    作者からの返信

    ようやくです。
    もうすぐ二幕に取り掛かります。
    よろしくお願いします。

    2019年8月15日 12:32

  • 3話 妖の誘いへのコメント

    酒調達できましたか、これで門番も安心ですね。


    ↓真ん中くらい。『奴が』ですかね?


    それに『奴がが』いない場所から入るから心配はないさ」

    作者からの返信

    どうもです。
    誤字ってことですよね。
    よくやっちゃうんですよね。
    どうもです。

    2019年8月15日 12:31

  • 2話 白い蛇へのコメント

    アウトラインのページも更新しましたかね。
    小説初心者によい教材になりそうなページになっています。

    水城さんはこのあともからんでくるのですかね。
    ちょいちょい登場してほしいキャラだと思いました。
    異界へ行こうというときに
    くっついてきたら面白そうです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    アウトラインのページは普段は下書き状態にしておいて決めてあるストーリーの変更修正点、全体像を見失わないように覚書き程度に書き変え連ねている(それでも見失う時が多々ありますが……)ページです。
    もしかしたら初心者さんには参考になるかもしれませんね。

    水城(みずき)さん、気に入ったようでなによりです。
    話への導入だけの為のキャラですが、たしかに異界についていけば面白そうかもしれませんね。
    少し考えてみます。
    ちなみに水城萌(みずき もえ)さんは、水木しげる先生のオマージュキャラです。

    2019年8月10日 23:36

  • 1話 夏の思い出へのコメント

    oppプロットから、ここまで真面目な作品ができるとは、上手いですね。続きが気になります

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    まだ作品がこんな雰囲気ですよ、という紹介みたいなものですが、こういった感じ気のものは初めて書くので、まだまだ固まっていない事も多いです。
    まだほんの触りですが、よろしかったら続きも読んでいただけたらと思います。

    2019年7月28日 19:22

  • 1話 夏の思い出へのコメント

    白い霧がたちこめて、雰囲気だしてますね。
    帰りの緊迫感。
    転んだりしてね。
    日が陰って重く暗い感じを想像しました。
    駐車場には街灯がついていて、
    オレンジ色に照らしているのかな。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    駐車場と書いたらそう思っちゃう場合もありますよねえ……。
    設定的には舗装もされてない電気も通っていない場所なのですが、読み直してみると他にもいろいろと表現不足が多いので恥ずかしくなります。
    駄文ですが、続きも読んでいただけたらと思います

    2019年7月28日 19:22

  • ストーリーラインとアウトラインへのコメント

    OPPへ参加、ありがとうございます。
    第5案をもとに、かなり物語をふくらませる感じですね。
    小説になるのが楽しみです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    とはいえプロットの解釈とか、主人公について少し迷っている部分もあるのですが、なんとか書き上げますのでその際は、読んでいただけたら幸いです。

    2019年7月20日 20:43 編集済