クレイジー・トーキョー・イン・スパイラルズ / Crazy Tokyo in Spirals(CTiS)

作者 Nico

35

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

東京の一日を舞台に、そこで生きる登場人物達の人生が丁寧に描かれている作品です。

1話1話が短編形式で、そのどれもが完成度が高い。
また、筆者であるNicoさんらしい、大人の格好良さ、苦味、そして気だるさが見事に内包されている作品だとも思います。
さらに、読み終えた暁には、こちらをハッとさせてくれる仕掛け付き。
これほど贅沢な現代モノ短編連作は、なかなかweb小説界隈ではお目にかかれないと思います。

本作を通して描かれているのは、あくまでも登場人物達の人生の一部ですが…作品に描かれていない彼ら彼女らの人生にまで思いを馳せたくなる、不思議な魅力を持った本作。
皆様、是非ご一読ください!

★★★ Excellent!!!

何気ない一言、ちょっとしたアイテムがリンクして、最後には大きな想いが届く。
小気味よい会話と優しく切ないストーリーを読みながら、読者は小さな違和感を覚える。
違和感の積み重ねは大きな謎になり、その謎を解いたときのすっきり感と、優しい物語を最後まで見届けた充足感に満たされる。
本棚に置いてたまに読み返してみたくなる作品です。

★★★ Excellent!!!


初めて読む皆様、最後のページは解説なので、ご注意です。
わたしとしましては、解説を読む前にもう一度最初に戻っていただきたいのです。
二度目を読むと、この物語の緻密さに気付けるはず。
それから、解説で答え合わせしてみてください。


(二度目を読む前にうっかり解説を読んで後悔してしまった、美澄より)


★★★ Excellent!!!

大都会、東京。

とある二十四時間の物語を読者は追っていくことになる。

題名の通り、人と人とが螺旋のように繋がり合い、すれちがっていく。

それぞれの章で余韻を残しながら、短針が一週回った時、すべての物語の全容が見えてくる。

確かな筆力と、ユーモアに溢れた会話で読ませる今作は、まさに「大人のための小説」だ。

ラジオや音楽というガジェットが見事に活かされ、最終章を読み終えた後に、絶対にまた初めから読みたくなる。

後悔はさせないので、ぜひ読んで欲しい作品です。