エピローグ

   ○


 若い女性が、狭い公園に入った。そして、ライオンとラクダの方へまっすぐに歩いて来た。

「久しぶりね、ライオンさんとラクダさん。今日は、砂漠のお話をしてあげる」

 彼女はライオンの背中に腰掛け、鞄の中から1冊の本を取り出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

眠れない夜に 月宮翅音 @waxing_moon

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ