鏡越しの恋歌

作者 東海林 春山

161

56人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とにかく言葉のセンスがすごいのと、描写がとてつもなく綺麗。
読んでて映像が浮かんでくるので、映画を見てる気分になります。

登場人物もみんな個性あって素敵で。
ほたかがかっこかわいい、、

笑えるし泣けるしニヤニヤするし、テンポもよくて、とにかく読み始めたら絶対止まらなくなること間違い無しの作品。

読み終わった時の猛烈に胸がいっぱいになるこの気持ちを味わって欲しいです!

★★★ Excellent!!!

女性2人の美しく力強い物語です。
仕事風景、旅先の景色、2人のやりとり
どれも美しい情景がイメージできます。

おちゃらけてみたり、苦しくなったり、幸せに溺れたり、素敵な2人の女性が丁寧に描かれています。
きっと実在したらすごく素敵な2人なんだろうなぁ、、

恋に溺れきれない2人の仕事を背負う姿は見ていて苦しくなるときもありますが、とてもリアル
そんな2人が大好きです。

恋路も仕事の行く末も結末が楽しみです。

東海林さん
がんばってください!更新楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

「――月に帰っちゃうの?」

このセリフを読んだときに、脳内に一気にビジュアルが浮かび上がって、
この場面でこのセリフ・・・、すげえなぁおい(何がってこのセリフを言った穂高さんが!そしてそれを言わせた東海林さんはもっとすげぇ)と鳥肌が立ちました。この後いったん読み終えてから1話に戻って読み返したのは言うまでもありません。

普通に本(フィクション)を読む人って活字を目で追いながら、頭では自分だけの脳内劇場が繰り広げられていて、主人公やら登場人物が動いている、はず(少なくとも私の周りの読書家たちはそうです)。
こうなったら読むのがやめられないとまらないかっぱえびせん状態です(年齢がばれる表現・・・)。

この話に限らず、東海林さんの言葉のセンスとか、文章のテンポ・リズムとか、コメディー要素の差し具合諸々がすごく心地よくて一気に好きになりました!全体のストーリーとその構成は言わずもがなですがな!です。

このジャンルに特化して読んでいるわけではなく、むしろ読んだことのないジャンルなので、普通のラブコメ枠、いえ上質のラブコメ枠として楽しんでいます。

筆が遅いと書いていらっしゃいましたが、きっといろいろ考えながら丁寧に書いていらっしゃるのでしょう。大丈夫です!ファンは待ちますよ。また1話から何度でも読みかえして新作をお待ちしています(無駄にPV数が上がって申し訳ないですが)。