ナンバーワンキャバ嬢、江戸時代の花魁と体が入れ替わったので、江戸でもナンバーワンを目指してみる~歴女で元ヤンは無敵です~

作者 七沢ゆきの

671

250人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

二週に渡り、なろうで歴史ジャンルナンバーワンは伊達じゃ無い。
唯、その一言では良さが伝わらないので、もう少しだけ補足する。初めてのレビューなので拙い文章で申し訳ない。

この話は、現代のキャバ嬢が江戸後期吉原の花魁と体が入れ替わった話。
その主人公が持つギャップが読者の心を引きつける。遊女言葉とギャル語。キャバ嬢と歴女。艶やかさと気風の良さ。苛烈さと優しさ。などなど、そのギャップの妙は挙げるときりがない。

今後も更新を楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

なろうでこちらの作品を見つけ、そのまま即座にこちらでアカウントを作りました。
小説の節々から作者様が非常に博識であることが伺え、また各話の最後に語句の説明が付けられているため、歴史に詳しくない方でも楽しめる作品になっていると思います。なろうにて、GW中にこちらの作品に出会えた事、己の幸運に感謝したいです。

★★★ Excellent!!!

 小説家になろうから追いかけて、アカウントまで作りました。それほど面白い作品です。

 太夫がいなくなった時代の江戸吉原。花魁・山吹として目覚めた、歴女の元ヤンにしてキャバ嬢のアンナ姐さん。せっかく同じ時代に来たのだから、絶対に推しに会う!と決意する。

 まずは健康確保からとワイルド種痘をしたり、ライバル花魁を鮮やかに撃退したりと日々元気に過ごします。でもね、アンナ姐さんはホームシックには勝てても、食欲には負けるのです。

 蒲公英珈琲に似非ケーキ。
 必ず作りささんすよ。


 そんなトンデモ花魁の日常を現代語と廓言葉を織り混ぜて紡ぐお話です。花魁言葉の運用に悩んでいる方も一見の価値有り。これぞ「ありんす」です。
 後書きの用語解説があり、歴史の知識も自然と身につきます。作者も読者も楽しめる、そんな本格花魁小説。

いこう面白い話でありんすから、共に読みんせんか?
(現代語訳:とても面白い話ですから、一緒に読みませんか?)


(注:このレビューは小説家になろうに投稿済みのレビューと重複する表現があります。レビュー者は同一ユーザーです。)