あの日のきのう

作者 野々ちえ

46

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一番ぐはっと来たのは「ハッピーエンド」。言葉にできない何かが私を責め立てるような心をぶっ刺すような。

暗い話というのは、明るい話より熱が籠ると思います。それは書き手もですが、読み手もです。

この作者様が描くキャラクターは、生きた人間そのものの熱を持っています。
一篇一篇が他人事ではないと思う。主人公は私であると思う。
何度もキャラクターたちの言葉を反芻する。

明るいだけでは救われない何かがある短編集です。

★★★ Excellent!!!

大変奥深かったです。
少なくともわたしにとっては考えさせられる内容でした!

「ハッピーエンド」の定義について、小説の主人公たちにとってのハッピーエンドと、読者にとってのハッピーエンドが必ずしもイコールにならないなぁと思いながら執筆しています。

前者は客観的に作品評価できそうですが、後者は読者にいかに納得する終わりを提供できるかという部分。

この作品のおかげで、改めて考える機会に恵まれました。
ありがとうございますー!