【KAC10】至高の一篇

作者 牧野 麻也

67

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 この文字数で、ここまで内容を詰め込んでいることにまず、驚いた。カタリとバーグ、トリのキャラクター設定も、それぞれが分かりやすい立場で、活躍している。カタリは時間を越えて至高の一篇を探す、未来の編集者と言ったところだろうか。そしてそのサポート役にAIのバーグがいる。トリも随所で活躍する。
 歴史的な事もふまえられており、物語に厚みを持たせている。
 そして今回、カタリが出会った少女。

 この少女正体、そして少女がこれから紡ぐ物語とは――?
 それは日本人なら誰でも知っているあの物語⁈

 是非、御一読下さい。

★★★ Excellent!!!

公式の設定(具体的エピソードなし)からのキャラクターの肉付けがとても生き生きしています。
あぁ、なるほど。こうやって至高の一篇を探しに行くのか。
と、自然と納得させられてしまうストーリー構成。

具体的な作品名を出さずとも、そっと醸し出す描き方が素敵です。
ぜひ他の歴史的作品もこの手法で紹介してほしい。そう思わされる作品です。

★★★ Excellent!!!

KAC十日目の応募作品。
『至高の一篇』を探しに行くカタリ、バーグさんとトリ。
プロフィール以上にかわいく設定された二人と一羽は一人の少女のところへ向かいます。
そこで『至高の一篇』は見つかるのか。

テンポ良く読み進めることができ、短編ながら満足感があります。
知識も付くとても面白いお話です!

★★★ Excellent!!!

カタリさんとバーグさんがとある有名な場所のとある有名な作家さんのところへ行きます。
そしてその方に物語を書くように促す……。
あの傑作はこうして出来上がったのか! と思わず唸ってしまいます。
二人の行動が生き生きとしており、時折混じる豆知識に、なるほどを連発すること間違い無いでしょう。

さあ、ゆこう! 至高の一篇を探しに!