魔法使いの羽ペンは奇跡を綴る(KAC1~10まとめ)

作者 水城しほ

彼が落ちこぼれと呼ばれていた頃。輝ける物語が、そこにはありました。

  • ★★★ Excellent!!!

魔法使いの青年、エヴェンが出会ったのは、異世界の少年カタリ。
カタリは人の内側にある物語を読み取ると言う能力で、かつてエヴィンが体験した物語を読み取ります。

エヴィンの物語。それはまだ彼が少年だった頃、魔法使い養成所で、落ちこぼれと呼ばれていた頃のお話。
若かったあの頃、仲間と共に旅をして、恋をして、成長していった、掛け替えの無い日々が、そこにはありました。


カクヨム三周年記念選手権用に書かれた「魔法使いの羽ペンは奇跡を綴る」と言う連作短編の完結編。ですが、今作から読んでも問題ありません。
今作を読んで、エヴィンがどのような物語を紡いできたのか気になったら、今度はシリーズ一作目から読んでいってみてください。
至極の物語が、あなたに読まれるのを待っています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

「かくて。『物語』は綴じられた――そして、ここに『一冊の本』がある。」連作短編「魔法使いの羽ペンは奇跡を綴る」最終回。……とでも書けばよいのに、あえて私は左記(もしくは上記)のひとこと紹介を選びます… 続きを読む

無月弟さんの他のおすすめレビュー 1,281