どこにでもいる人殺したちの、ありきたりな晩餐

作者 柳なつき

36

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

女性二人がテーブルにつき、談笑しながら料理を口にする。
ここまでなら、きっと飯テロ的な物語と言うべきでしょう。
しかし、交わし合われる内容は……と思うと、どんなに美味しそうな料理であっても、なにか汚れたものにしか見えなくなってしまいます。
これはもう、イヤ飯テロと言うべきでは?

そんな思いを読んだやつに与えるこの作者、すごいとしか思えないです。