夢喰い少女の嘘

作者 名取 雨霧

47

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「最高の目覚め」でこのストーリーを作れるのは、マジ半端ねっす。
夢の世界の描写の多彩さに、ごくりと飲み込まれそうになってしまいます。なんと卓越した筆力! とても四千字以内で纏まっているとは思えない密度です。

物語の構成も、素晴らしいの一言。
摩訶不思議な雰囲気を醸し出す序盤から、きちんとストーリーを収束させていく終盤へ繋がっていく見事な流れは、まるで一枚のアルバムを聴き終えたような満足感を与えてくれます。

さあ、あなたも頭をからっぽにして、この巧みな夢の世界に飲み込まれていきましょう。ごくりんこ。