「また会いに来たよ」

作者 椎名 富比路

一つの終わりは、新たな始まり

  • ★★★ Excellent!!!

閉店してしまう料理店を舞台に、最後の客とマスターの会話と創作料理とともに物語が描かれています。
最初は暗い話かと覚悟して読み始めましたが、マスターが店を閉める理由にははっとさせられる部分がありました。
ラストは少し切なくなりながらも、また前を向けるものでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

夢月七海さんの他のおすすめレビュー 391