ステップガ―ルとワイバ―ンの領主

作者 六葉翼

93

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

何と言っても、重厚なストーリーと世界観に圧倒される作品。
読み手の想像力を掻き立てて、自分がロンドンに行ったかのような錯覚にとらわれます。
イラストなどはもちろんありませんが、まるで図鑑を読んでいるような描写力には言葉を失います。
文字つきレビューをするのが難しいくらい、こちらの技量も試される作品です。
一度ハマったら抜け出せないこの世界観に、あなたも浸ってみてください。

★★★ Excellent!!!

連載中です。
80000文字ありますから、
途中といっても読み応えあります。
時代背景、社会、豆知識、
深いし説得力があります。
魔女が登場するし、魔法が主題でもありますからね。
宿敵があり、因縁があり、ロマンスがあり盛りだくさん。
いろんな楽しみがつまっています。

★★★ Excellent!!!

十九世紀の英国が舞台の魔法と幻想の物語です。
何より特筆すべきは、当時のロンドンの様子についての描写の細かさです。生活感が漂っていて、歴史的背景にも触れられていて、まるでこの世界の匂いを感じながら歩いているかのような気持ちになります。
個人的には、特に登場する食べ物たちが魅力的です。いかにも古きイギリスといった感じで食べてみたいと憧れます。

独特の仄暗い雰囲気が漂っているファンタジーです。
物語は平易ではなく、読み手の理解力と想像力を必要とするので、誰にでも広くおススメという作品ではありません。自分もまだこの難解さを理解できているとは言えません。
ただ、確固とした世界観のあるお話ですし、この世界にハマった人には、とても魅力的で大切な物語になるでしょう。

この不思議と心をつかむ独特の魅力については、言葉で説明するのが難しいので、とにかく読んで味わってほしいなあと思います。
登場人物がパブに入るシーンでは、そのリアルさに、一緒にビールを飲んで揚げポテトをつまみたくなるかも。
お酒の飲めない自分は、この物語を読んでいると、紅茶やミルクティーが飲みたくなります。

★★★ Excellent!!!

素晴らしいまでの風景描写と情景描写。まさに論壇を今見てきたと言わんばかりの描写に目を見張ります。

19世紀の論壇に色濃く残る魔女の痕跡とオカルティズムを辿り……仄暗い影が落ちる話に読めば読むほど、引き込まれゾクゾクします。
さあ、貴方も貴女も勇気を一歩踏み出して……論壇へ。

★★★ Excellent!!!



副題の通り、世界観が丁寧で、また、情景描写や風景描写をこだわって描いているので、文章を紐解きながら、その映像を脳内で想像する方ほど気持ちのいい作品だと思います。
また、舞台措置というか、一つ一つのアイテムや配役に無駄がなく、小気味の良い読み味になってると感じました。

★★★ Excellent!!!

ロンドン、魔女、現代ファンタジー。
そんな言葉に引っかかりを覚えたなら、是非とも呼んで欲しい作品。
舞台や小道具も丁寧に描写され、何だか自分もロンドンに行った事のあるような、そんな気分にさせてくれます。

何より、タイトルがお洒落です。
ステップガールの意味?
もちろん、読めば分かりますとも。

★★★ Excellent!!!

舞台がロンドンなのですが、描写がうまいです。ロンドンにはこれをガイドブックとして持っていってもいいレベルです。ロンドンの町並みだけでなく、文化等も詳しく調べられてますね。

小道具もしっかりしていて、言葉やタイトル一つ一つがかっこいいです。


これを読んだら、この世界にいきたくなるでしょう!

★★★ Excellent!!!

今作品は魔女を題材に扱われていると伺わせるものです。
ゲームなどに登場する魔法バトルは今のところありません。むしろないほうがいいと思える雰囲気です。
扱われるキーワードにそれにまつわる言葉の意味、またキャラそれぞれの個性がいい感じに捻れ絡み、それがこの作品へと引き込ませてくれます。

世界観が不思議であり、取り扱いが難しいと思えるからこそ、作者の技量が伺えると感じております。

独特だからこそ、読み手を選ぶ。
しかし、浸れれば夢中になれるでしょう。