どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。

作者 六つ花えいこ

胸こがす恋愛チェスのハイファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

「実は君に飲んでもらいたくて頼んだ」
「えっこんな凄いの飲んだら私おかしくなっちゃう」
という下世話な期待で読んだら全然違いました(笑)。

骨太の考証ながらさらりと鮮やかに描かれた舞台、緻密かつユーモアあふれる描写、いじらしく魅力ある主人公とその誠実なお相手が、確かにここに生きています。問題の「薬」にまつわる期待と勘違いの交錯は、さながら恋愛の手練手管(それがほど遠いキャラばかりなのも素晴らしい)の攻防のよう。かくて、初々しさを保ちながらの恋の駆け引きを楽しめるという、奇跡のような一品です。「黒い魔物」には笑わせていただきました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

尻鳥雅晶さんの他のおすすめレビュー 313