私はただの死人です

作者 けんはる

短文の中に広がる深い世界観

  • ★★★ Excellent!!!

一話一話が独白形式で短いためするすると読めますが、その奥に広がる世界は静かで深い。
ディストピア感漂う世界を旅する死人の物語が新たな未来につながっているのか緩やかな終末につながっているのか、どちらとも取れそうな雰囲気に浸れます。
続きを楽しみにしています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

山吹さんの他のおすすめレビュー 32