それでもこの冷えた手が

作者 薮坂

42

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「バレンタインにバイト先の男の子に、本命チョコを渡す!」というストレートな目標に向かって、頑張る主人公の女の子がとても愛おしくて、素直に応援してしまいました。
登場人物たちの言動も素晴らしくって、一軒のコーヒー店という狭い世界ならでは絶妙な関係性に、ドキドキしてしまいます。
描かれていない登場人物たちの心情や背景など、色んな事を想像させられました。

★★★ Excellent!!!

今年チョコレートを渡せた方も、渡せなかった方にもオススメの短編小説です。
バレンタイン小説は学園モノだけじゃない、それを知りました。

登場人物の会話、気遣い、距離感から短編とは思えないバックヤードが窺え、各話タイトルにも心地良い仕掛けがあります。

とある人物の濃厚な1日で溢れた物語は、まるでショコラティエの一品です。
寒い夜にこそ沁みます、是非どうぞ!

★★★ Excellent!!!

 シフトイン。
 冒頭からのこのヤキモキじれったい感じ。これは恋愛物に必須ですね。
ここで読み通すことを決意。
 そして……。
 ひとところに留まらない主人公の心の揺れ、心情描写と並行するかのようにコーヒー店の業務が描写され、店内であたふたする様子が視覚的に浮かんできます。
作者様は実際に業務に携わったことがおありなのかもしれません。結果、ストーリーと心情、情景の美味しい配合となって、物語の完成度を高めています。

最後の締めもいい(予想外でした)。
「同題異話」の中で一番、「手があたたまる」
甘いお話でした。


このお話、おすすめです。