メテオライト〈晴れ、ときどき隕石落下? 綺羅星堂の流星打ち!〉

作者 にのい・しち

29

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

童話とファンタジーの狭間の世界。
主人公の「流星打ち」の仕事は、疲れるし、危険だし、「流星が降る」というファンタジーな世界観とはかけ離れたザ・体力勝負なお仕事です。しかも、それを撃ち落とすのはハンマー。腕力で。この現代日本で考えたらアリエナイですが、その「アリエナイ」と、物語の中の流星(隕石)の物理的にも精神的にも感じる「重み」や「ハンマー」や「不思議な力が宿った隕石の破片」といったファンタジー的な要素が実に巧妙にマッチしておりました。
独特な世界観に魅了され、気がつけば読了していることでしょう。

色彩豊かな色鉛筆で描いた点描画。そんなイメージを持ちました。言葉にするなら、繊細さと力強さとたくさんの色で構成された一枚の絵、という感じでしょうか。
ボーイ・ミーツ・ガールに、主人公の成長。
やはり王道は素晴らしいと再確認させてくれる一作です。
ぜひご一読ください。

★★★ Excellent!!!

ヘタレにヘタレた主人公の、最後の大逆転!
スカッとしました。
火事場の馬鹿力(いや、流星場?)で乗り切った主人公に、拍手を送りたいです。

作品のテーマ自体が、巨大なものをハンマーでガンガンに打ち返すものなので、爽快感があり、ストレス解消になりました。

良作でした!