花札学徒鉄火録~正伝~

作者 文子夕夏

54

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

花札というニッチなテーマを使った、高校生たちの熱い闘い。

ルールに明るくない者もいるため、ルール等、花札周りの説明は根絶丁寧になっている。花札という名前しか知らない者も、インターネット検索との合わせ技で一気に理解できるようになるだろう。
実際私も細かい用語を全て知っているわけではなかったが、所作に関する用語まで、この作品の序盤で完全に理解できた。
序章から「近江龍一郎、立ち上がらん」までを一気に読むことをお勧めしたい。

★★★ Excellent!!!

花札という遊びをご存じだろうか?
多分、大抵の人は「知っている」と答えるだろう。しかし、「でもさ、やるにしてもさ、なんか敷居が高くない?」と言い足すに違いない。人によっては「高倉健さんとか菅原文太さんが演じるダーティーな世界に生きるキャラクターたちが真剣にやるような、そんな遊びなんでしょ?」なんて言うのもいるだろう。

残念ながら、花札のイメージってのは大体そんなもんである。
だがしかし! 本作はそんな花札のイメージを根本からひっくり返してくれるものである。
本作で花札を行うのは、高校生……しかも、お嬢様学校の生徒たちなのである。

青春の形は十人十色、千差万別と言いますが、ここまでオモシロイ学園モノはみたことありません。
花札のシーンは圧巻、それでいて丁寧に勝負を解説してくれるので、毎回楽しく読み進められます。