世界はルールが支配する

作者 雪世 明良

もしものルールなのに、いまに溶け込んでいて物語として抵抗がない!

  • ★★★ Excellent!!!

小説の概要にも書かれていますが、オムニバスで3つのお話があります。
オムニバスですのでどれから読んでも大丈夫なわけですが、1話目から読むことをお勧めします。
理由は、「もしも」を法や資格という定義にするため強め表現があるので、その部分が気になりにくいと思うからです。
時間がない、とりあえず簡単に読みたいという方には、前後半に分かれていますが3話をお勧めいたします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

深川 七草さんの他のおすすめレビュー 54