俺たちはラブコメが分からない

作者 逆ノ叱

64

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 カクヨムの企画に投稿する話のテーマをカクヨムにしよう―――という、マトリョーシカのようなひらめきにまずやられてしまう作品だが、それはそれとしてラブコメ要素も抜かりがない。
 作品のためと引きずり込んで、あの手この手で迫る後輩女子。気があるんだかないんだか、真面目なんだか違うんだか、とんとんと途切れることのないテンポで先輩男子を翻弄する様は、なんとも小悪魔的な魅力がある。
 一方、翻弄される先輩男子も、こちらはこちらで食わせ者。振り回されるツッコミ役ながら、ここぞで外さぬ男前で、しかしてとんだ間抜け者。女心を弄ぶ、とんだ悪党に違いない。
 分からないまま、あるがまま、自然体でラブコメしてんじゃないよと、どうにも言いたいこの二人。分かり合う日が来るのか否か、私にはそれが分からない。

★★★ Excellent!!!

高校生にとって、大金である三万円!
文芸部のこの二人は、果たしてゲットできるのであろうか?

そして私も、ゲットできるのであろうか……話が逸れました。

ホワイトボードを使うのは刑事《デカ》だけじゃない。そこに書き込まれていく真実からラブコメの構造を照らし出していく!!

※『いいね』ボタンは左下です。