えほんのおひめさま~腕力特化お嬢様による成り上がり英雄譚~

作者 ウメ種

成り上がるべきじゃなかった人が成りあがっていく!

  • ★★ Very Good!!

この「物語の主人公」は、この世界がゲームだと知る現代日本人キーラ。
「主人公」に相応しい成長能力や特異なスキル、さらにはゲームの結末まで知っているというチート染みたキーラは、楽しめばいっか、程度の安易な気持ちで強くなっていく……。

けれどこの「小説の主人公」は、キーラが知るゲーム世界で、主人公を邪魔する存在だったはずの脇役お嬢様、セレスティアです。傲慢な性格に育つべきはずが、一冊の絵本を手にしたことで一転、どうやらゲームの想定とは違った方向に――極めて努力家に――成長してしまいます。
なぜかダンベルとともに。

セレスティアは、ただ努力のみで培った強さと、自らの憧れによって、本来あるべきアカシック・レコードを意図せず塗り替えていていくことになります。

七話時点で、そうした背景や登場人物が語られます。
おそらくここから、「ダンジョンに挑む」「本来の【主人公】との邂逅」が描かれていくのでしょう。
キーラの戸惑いや、武力突破していくセレスティアの活躍など、楽しみにするところが多い作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

一牀書新人(にぃと)さんの他のおすすめレビュー 9