まりんこ!~立ち塞がる敵はすべて倒す! 不屈の悪役令嬢は異世界を海兵隊と駆け抜ける~

作者 草薙刃

556

198人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

物語の都合上、嫌われて殺される役目を負う悪役令嬢。しかもなぜか展開が早く、物語が始まる前に殺されてしまいそう。
そんな絶体絶命の令嬢アリシアの前に降臨したのは、核兵器だって止めてやる根性の持ち主その名も「海兵隊」。
海兵隊隊員たるカイルは、伯爵の従者アベルとして転移し、さっそく現代知識無双――マーシャルアーツを駆使して助け出すのだが……。

情け容赦のない武断派従者と、か弱くも意志高く強くなっていく令嬢が世界を変えていくお話。

ミリタリーテイストを上手く笑いに変え突き進む面白さがあります。
はまりました。

★★★ Excellent!!!

テンプレ婚約破棄が溢れかえる昨今。
変り種婚約破棄が増えてきたがこの作品はなんだ!?
経緯や国の情勢など、丁寧に分かりやすく描かれているため 、ファンタジーものだと弱くなりがちな部分も描写がとても良く想像しやすい。
あと作者様がミリタリー詳しくて安心。個人的に好きなジャンル×好きなジャンルなのでどストライクです。

★★★ Excellent!!!

異世界転生や悪役令嬢はすでにそれ自体がジャンル化しているくらいメジャーで、その分変わった味付けの作品も増えているように思います。
が、「変わった味付け」が作品にとって不可欠の要素になっていて、しかもきちんと小説として面白いとなると難しい。
難しいはずなんです。
でもこの作品、あっさりどっちもやってくれてるんです。ええ。
しかも異世界転生や悪役令嬢としての王道的な面白さも外してないとか、もうこれはお読みいただくしかないかと。

★★★ Excellent!!!

他作「死に狂い」もそうですが、この作者さんは味付けが上手い。
乙女ゲー転生物や勇者パーティーリストラ物といった、ネット系ラノベで食傷気味になるほどありふれている筈のコンセプトが、現代兵器や和物の味付けでこうも変わるものなのかと感心させられる。
というか、プラスされた部分が強烈過ぎて、「カレー風味のラーメンだと思って食べてみたら、ラーメンの入ったカレーだった。しかも完成度高過ぎ、毎日食べたいwww」というくらいの衝撃です。