さわやか病院

リエミ

さわやか病院


 ――その病院から出てきた者は、皆さわやかになる――



 最近鬱ぎみのしー君は、その宣伝に惹かれて、さわやか病院に行くことにした。


 精神科の先生が、いい腕なのだろうか。


 しー君は病院内に足を入れた。


 その瞬間、この世とは思えないほどの、異臭がした。


 なんだか照明も薄暗く、壁のあちこちに、血の痕のような飛び散りが見える。


「本当にこんなところで、さわやかになれるのだろうか……」


 しー君は戸惑いながら、とにかく受付に向かった。


 血の気の引けるような、色白の看護師が、虚ろな目で言った。


「先生の腕は特別ですよ」




 しー君は診療室のドアを開いた。


 錆びついた金具が、悲鳴のような音を響かせて、ドアは開いた。


 先生は、玉座のような椅子に座っていた。


 その容貌は痩せこけてガリガリ、顔はまさしくドクロそのものだった。


 しー君の胸は震えた。


「こ……怖い。でも一応、診てもらわなきゃ」


 診察は古ぼけたベッドに、横になって行われた。


 先生が「では目を閉じて」と、低い声で指示したが、しー君がそれを実行するのは、三度も試みてからのことだった。


 その時、静かな病院のどこかで、「ギャー!」という悲鳴を聞いた。


 もうしー君は目を開けられず、怖々と震えた。




 先生は、何やらノートをパラパラめくり、低く話し始めた。


「地獄には、永遠の虐待が待ち受けています……。この世で善い行いをしない人間は、あの世で、悪魔に終わることのない苦しみを、味わされ続けるのです……。あなたは、今すぐ死んでも、天国へ行ける自信がありますか……? ないなら、何か一つでも、多くの善い行いをするべきでしょう……。……わかりましたね?」


「……は、はい」


 しー君は、返事をすることしかできなかった。


「では、さようなら」


「さ、さようなら……」


 しー君は急いで部屋を出て、病院から飛び出した。




 外は太陽の光で明るかった。


 しー君は、この世の明るさに感動した。


 もう、あんな怖い思いをしたくない。


 それに、死のうなんて思わない。


 しー君は、とてもさわやかな気分になっていることに気がついた。


 やはり、さわやか病院はさわやかにさせてくれたのだった。




 診察を終えて、先生は看護師に、ポツリと言った。


「多くの人をさわやかにした。だが私も、いつかはさわやかになりたいものだ」


 この仕事でお金を得ているのだから、先生はこのおどろおどろしい仕事を、辞めることはできないのだった。




◆ E N D

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

さわやか病院 リエミ @riemi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画