キャプテン・フック

作者 みりあむ

41

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なんどエピソードタイトルに騙されたことか!

マイペースなピーター・パンが正義の子どもとして海賊のフック船長と闘うことになった経緯に、こんな闇があったとは!

是非とも世界の子どもたちに読んでほしいです。そして読書感想文を書いてほしい。

きっと

「子どもの夢を壊すな!」

なんて言葉はきっと出てこないはず。そうだよ君たち。これが現実なんだよ!浦安に行くときはくれぐれも気をつけてね!

★★★ Excellent!!!

フックとパンは約束する。「俺とお前は敵同士だ」と。
パンは子どもの代表として、フックは大人の代表として。
子どもが「不完全な大人」だと思われていた頃、パンはヒーローだった。
でも、子どもが「子ども」であるとき、パンは本当にヒーローであり続けるだろうか。
あなたの傍に、本当の「不完全な大人」がいないだろうか。

★★★ Excellent!!!

どんな悪役にも過去というものはあります。この作品はかの有名な海賊、フック船長の過去の物語です。
ネバーランドには子どもしかいないはずなのに、なぜフック船長は大人なんだろう… と思ったことがあるのですが、もしかしたら本当にこういった過去があるからなのでは… と思えました。

★★★ Excellent!!!

 ネバーランドへようこそ~♬
 ここは、子どもたちの楽園。誰しも夢見る、毎日遊んでいられる愉快な世界。
 ただし、ピーター・パンには気を付けろ…… 奴は笑いながら殺しに来る……
 きゃ~! ですよ~ ピーター・パンがホラーになっています!

 この物語は、ピーター・パンの敵役フック船長からの目線で語られる、真実のネバーランドのお話です。
 私、小さい頃に読んだ「ピーター・パンとウェンディ」で思っていました。
 ピーター・パンて怖いよ…… て。
 その疑問がこの物語を読んで解けました~!
 そんな真実が! なのですよ~ フック船長、頑張って~
 面白かったです~♬

★★★ Excellent!!!

皆さん、ピーターパンはお好きですか?
子ども達のヒーロー、ピーターパンのお話です。

ピーターパンに限らずですけれども、長く愛されるお話には魅力的なライバルや悪役がつきものですよね。
ピーターパンに出てくる悪役といえば……?

そう、フック船長です。

彼がどのようにして誕生し、ピーターパンの敵となったのか。
それがこのお話です。

読めば読むほど、これってもしかして原作に書いてあったんじゃ……?と錯覚を起こしてしまうくらいに、引き込まれてしまいます。

読み終えた後も、果たしてピーターパンのことを好きなままでいられるでしょうか……?

大人向けのピーターパン、ぜひ、ご一読ください!!