最有力候補

リエミ

最有力候補


「今回、全世界中で、お米に合うものは何か、という議論が起きました。最も自分が合うと立候補される皆さんは、前へ進み出てください」


 裁判官のような、低い声が言いました。


 するとすぐあとから「それはわたしだ」とか「いや、おれだ」という勢いのある声が飛び交いました。


「まぁ、静粛に」


 と裁判官は落ち着いて言います。


「まず、一人ずつ、自信がある者から前へどうぞ」


「ではわたくしが」


 真っ赤な顔のうめぼしでした。


「皆さん、異議はないでしょう。わたくしうめぼしですよ。うめぼしといったらお米。これなくしては、おにぎりという歴史もくつがえさせられるでしょう」


「ふむ、たしかに……」


 みんな、異論はありませんでした。


 しかし、しばらく唸ったあとで、静かに、前へ進み出た者があります。


 腹黒いのりです。


「ぼく、のり。おにぎりのまわりを補強し、崩れないよう、固めてあげてるのはだれだ。ぼく、のりだ。中でぬくぬくしているうめなんかよりも、力持ちだし、塩分控えめだし」


「ちょっとまった!」


 小さな連中が手を上げました。


「ふりかけだよ! やっぱり、何といってもふりかけだよ! お米がなけりゃ、おれたち、どこへふりかけろっていうのさ!」


「いや、コンブだ」


「ばか言え」


「サケに決まってる。サケフレークにもなったんだぞ」


「うるさい」


「くわれちまえ」


「ねぇ、やっぱりお米により接近できる子が最も似合う者じゃなくて?」


 と言ったのは水婦人です。


「私、水だけど、お米を炊くときたっぷりいるわ。そのおかげで、お米もふっくら仕上がるわけよ」


「そんなこと言ったらおかずというワクを超える」


「あら、おかずを決めてるんじゃないわ。よりお米に寄り添って生きる者よ」


「じゃあシャモジだ」


 平べったい顔が立ち上がりました。堂々としています。


「ほくほく仕上がりたてに、真っ先に触れるからな。はっはっはっ」


 みんな、意表をつかれて、口をつぐみました。


「さて……」


 裁判官が立ち上がり、みんなに姿を現します。


「結論が出たようだな」


 その姿はハシでした。


 ハシは、誇らしげにするシャモジを見て、こう言いました。


「それでは今から、お前はワシと競いおうてもらうぞ。どちらがより、お米にとって必要か、米自身に問いかけてみよ!」


 バチバチ!


 ハシは自分を鳴り合わせました。


 奥の薄暗闇から、その音を聞いて、つやつやお米たちがやってきました。


 一同、目を向けます。


 お米たちは互いに寄り添い合って、モジモジとしています。


「ぼくたち……」


 お米たちは小さな声で言いました。


「ぼくたち……納まるところが一番落ち着きます……」


 その瞬間、お米たちを乗せていたお茶碗の顔が、一同の目に輝いたのです。


「なんとあのお茶碗が!」


「では、あのお茶碗が?」


「あの、お米を乗せることしか役目を持たないお茶碗が、一番お米に合うということか」


 ハシは感心して、お茶碗の顔をまじまじと見つめました。


 お茶碗はいつもと変わらず、平然としてお米たちを乗せているのでした。


 そして「何を当然のことを言っている」とでも言わんばかりに、ふんっと笑って、お米たちを乗せて帰って行ったのです。




◆ E N D

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

最有力候補 リエミ @riemi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画