メグル・ゲームミュージック

作者 痩身

ゲームの思い出にはBGMがついてくる。音楽で繋がる大学生たちの群像劇

  • ★★★ Excellent!!!

大学の新入生勧誘PRイベントで軽音学部の演奏を目の当たりにした白井健は、美しい鍵盤奏者に憧れてサークルへの入部を決心する。
部室に足を運んで早々、鍵盤奏者・月無めぐると対面する幸運に恵まれた白井であったが、何となしに発した「FFのサントラ持ってます」の一言が月無先輩のスイッチを入れた。
何を隠そう(いや隠してるのだが)、月無先輩は重度の「ゲーム音楽」マニアだったのだ……。

――という筋立ての、大学を舞台とした青春ストーリーです。

読んでいてまず目を引くのは作者様の音楽に関する造詣。
メインテーマであるゲーム音楽はもちろん、そのバックボーンとなる音楽自体やバンドについての知識がさらりと作中に盛り込まれており、これは経験者であろうなあと察せられます。
また、ゲームマニアである月無先輩や白井君の語り口は、ゲーム音楽とは切っても切り離せないゲームそのものへの愛情を感じさせてくれます。
SFCからPSやGC、GBやDSといった携帯機に至るまで、およそゲームに触れたことがある人であれば「わかるわかる」と膝を打つシーンが盛りだくさん。思い出に浸りながら読み進めることができます。

登場人物たちの人間模様も目を惹きます。
主人公である白井君の誠実さや月無先輩の無邪気さ、男性陣のアホなノリ、女性陣の魅力と、大学生らしい若々しさが詰め込まれた一作です。
個人的には八代先輩がお気に入り。褐色スポーティ女子いいよね……。

※本レビューは「小説家になろう」「ノベルアップ+」にも掲載されています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

スガワラヒロさんの他のおすすめレビュー 196