蛇に呪われた僕は不老不死の君に殺されない

作者 神帽士

ストーリーと文体の相性が抜群の一作。

  • ★★★ Excellent!!!

「呪い」がキーパーソンの小説。内容もそうだが、文体も言葉一つ一つにどこか泥のような重みがこびり付いている。淡々と書かれていることがこれまた不気味である。
しかし、後半になるにつれて泥は少しずつはがれ落ちていく。あまり言うとネタバレになるので多くは語れないが、内容と文体が連動し、僅かずつではあるがうねりを伴って変化していく。
まさに「蛇」のような「呪い」のようなものを言葉たちから感じ取れた。面白かったです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

サンドさんの他のおすすめレビュー 9