桜と水車と饅頭の約束

作者 野林緑里

間を楽しむ。

  • ★★★ Excellent!!!

優しさに包まれた、“ぼく”の不思議な物語……

紙芝居をもとに書かれたとおっしゃっていましたが、紙芝居特有のものなのか、文と文との間の時間が魅力的に思いました。
間(ま)があることで、心の中に一枚一枚の風景が広がっていくような体験をさせていただきました。
桜と水車の描写も美しかったです。

素敵な時間をありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

遠野歩さんの他のおすすめレビュー 363