君と夏の終わり

作者 村山 夏月

10

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

男の子視点ですが、昔流行ったwhite berryというガールズバンドの「夏祭り」という歌を思い出しました。
「夏祭り」では打ち上げ花火は「空に消えていって」しまうんですけど、こちらの作品の主人公くんの心の打ち上げ花火は消えそうにないですね。
この日の思い出はきっと一生残ると思います。おめでとう!
こういう、ささやかながらも当人にとってはきっとどんな花火よりも大きなイベントになる物語、青春を感じられてとても好きです。
ああ~~~~お幸せに~~~~

★★★ Excellent!!!

学生らしい良い作品でした。

この作品のもっとも良いところは、読者が花火を見上げる主人公・蒼に自らを投影できるところでしょうか。

様々な花火、指の動きに合わせて、彼のドキドキが読者に伝わります。物語の着地点がわかっていても、もしかしたら、と思わせるところは、作者様の一夏での成長を感じます。若さと伸びしろ、羨ましい限りです。

遠くに打ち上がる花火の美しさも良く伝わりました。少し用語に頼りすぎたかなという部分もありますが、それもまた日本語で表すことができる花火の美しさ。

ラストの情景も綺麗ですね。けがれを知らない純粋な二人が微笑ましく、羨ましくなっちゃいます。そして何より応援したくなるのも作者様の描き方の賜物でしょう。良かったです。