ディストピア~蒼天のヘスカラント~

作者 才王黒蓮

52

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

三部作とも取れるとてつもない温度差をはらんだ本作。

最初は個性的な登場人物達が織り成すコメディ。
作者様のセンスが良く、コメディ好きがうかがえるほどのテンポと言葉選びが素晴らしい。ここでまず、登場人物をよく知られます。

続いて、シリアスな展開。
青春、というよりはこの年齢の若者が抱える心の繊細な動き。
あらかじめ登場人物を色々知った上で読むこの部分で感情移入はバッチリ。
事件も起こり、陰鬱な展開が匂ってきます。


そして、晴れやかな異世界転生……とは違う、厳しい境遇。
最初の登場人物たちをよく知っているからこそ……? 実に計算された展開です。

それぞれ毛色の違う作風をひとまとめの世界観でえがききっているのが本作の魅力。
この温度差を一作内で書ききれる器用さ、要領の良さが作者様の持ち味と存じます。

一度に多くの世界観を楽しみたい読者さまにオススメです。

★★★ Excellent!!!

前半はまさに学園ドラマ。
主人公たちが楽しそうにTRPGなんかをやっている描写はほっこりしました。賑やかで、穏やかで、平和で、悩みなんて何もなさそうな彼ら。

中盤になってくると、実は彼らは彼らなりにリアルな悩みを抱えていました。
主人公は両親の喧嘩が絶えず、その友人も夢を否定され、上位の成績を維持するようプレッシャーをかけられ、家族を事故で失い……などの超シリアスな展開に。
前半までの平和さは一体どこへ?

さらに後半になってから本番の異世界転生を果たしますが、これもチートなんて何もなしにハードモード全開。
さらに友人は無残にも殺されてしまうし……辛すぎるこの展開。

そんな温度差で風邪引きそうな作品ですが、不思議とページを進む手が止められない。
個性豊かなキャラクターの裏に隠された悩み、そして文章の巧妙さがきっと読者を離さないでしょう。
前半・中盤・後半にかけての作風がガラリと変わるところは見所です!

★★★ Excellent!!!

ただのオタクの生態を描いたライトノベルと思うなかれ……

長い! とにかく日常が長い!

何かを匂わせるプロローグから一転、続くのは主人公と仲間達の掘り下げ。

その文量は、様々な事情とコンプレックスを抱える登場人物たちに感情移入させるには十分過ぎるほどだ。

もしかしたら、ここで読むのを止めてしまう人もいるかも知れないがそれは非常にもったいないと言えよう。

何故なら、五章から大きく動く事になる本作は、ここからが作者の腕の見せ所と言っても良い。

緩から急へ。

静から動へ。

引き寄せられるように一気に読まされてしまう圧倒的な描写力と筆力。

物語が始まるのはココからだ。