悪霊は上座で笑う

作者 黒弐 仁

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

舞台は江戸時代のとある武家屋敷。

長男である宇兵衛は、ある夜不快な怪異と遭遇する。

正体は何なのか?
誰に相談しても、「寝ぼけていた」と言われるばかりです。

しかし、武家屋敷の過去を調べてみても、祈祷呪術師に視てもらっても、何もありません。

本当に自分の気のせいなのか?
それとも誰かが仕組んだ罠なのか?

幽霊や妖怪といった存在が、今よりも恐れられていたこの時代と、生々しい怪異の描写が非常にマッチしていて、まさに身も凍る――そんなお話です。

※この度は「お化け企画⑤」にご参加いただいて誠にありがとうございます。