ネットで見つけたストーカー

作者 無月兄

132

54人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

SNSの普及で情報が伝わりやすくなり、都市伝説のような曖昧な噂で広まっていく話は作られなくなったように思いますが……。
これは逆に、SNSがあるからこその怖い話でした。
考える余地があって、色々想像してしまい……恐くなります。

なにが怖いって、実際にこういう話があってもおかしくないというところですね。

★★★ Excellent!!!

夜更けの街を映す映像を眺めていたら、殺人の現場を目撃した。そんな感じのフィクションをかつて観た覚えがありますが、今作も自分が唯一の目撃者になることの恐怖をうまく掻き立てさせる巧みな作品になっています

自分と離れている場所にいるからこそ、自分しか判断を下せる人間がいないからこそ、この後なにが起きてもおかしくはないという予感。全ての行動に恐怖や焦燥感が伴います

みなさんも是非目撃者の一人としてこの作品の行く末を追ってみてください

★★★ Excellent!!!

ショートストーリーの中に、二重でこわさが詰まっていました。

ひとつは、概要欄にもある通り、ブログ写真の至る所に写っている不気味な男。

そしてもうひとつは(ネタバレしてしまうため詳しくは述べませんが)、「そのキッカケ」を作ってしまったということ。
考えれば考えるほど、こわくなります。

現代社会を反映した都市伝説。
おすすめです。

★★★ Excellent!!!

 日常に潜む恐怖を描いた作品。
 文章そのものよりも、その後、読者の方がどのように考えたのかで恐怖の度合いが違ってくる。つまり、想像力の世界だ。
 小生は……、現実的なストーカーよりも、現代版の「赤いちゃんちゃんこ」だと考えて背筋が凍った。そして最後の「ばれたか」というのは、きっと、あの声からのメッセージに違いない……なんて。
 
 是非、御一読ください。

★★★ Excellent!!!

ネット社会の昨今。
作家さんやライターさんじゃなくても気軽に文章を書いて、
芸能人じゃなくても平気で自分の顔をあげられる。

一般の人のブログでもこれがなかなか面白かったりするんですよ。
びっくりするほど可愛い人もいたりするんです。

そんな風に、お気に入りのブログを見ていたら。

見ていたら……。

ぞくり、とする、ありそうな話です。