火花を刹那散らせ

作者 夢月七海

46

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

殺陣のシーンの迫力、カッコいい!
ですがそれだけじゃない。そこに至るまでその後のお話、2人の人間ドラマもいい!!こういう演技や舞台、ドラマ関係のお話好きなんですが、小説だけじゃなくて映像化、舞台化しても面白そう!役者さんに思い切り役に入って演じてくれそう!そして火花が見えそう!

★★★ Excellent!!!

 二つのものがぶつかり合う物語、それが読後の印象でした。剣と剣が、役者と役者の内面が、意地とキャリアが音を立ててぶつかり合い、二重の意味での「鍔迫り合い」が繰り広げられる。それが物語の骨子であたったことに思い当った途端に、文中の色々な描写がストンと腑に落ちてきます。
 さわやかな読後感を求める方にお勧めです。殺陣なので使っている刀は模造刀ですが、物語の切れ味は抜群です。

★★★ Excellent!!!

 初めての主演映画の撮影に、やる気を燃え上がらせている竹見。一方彼女と対決する役を担う小坂という男は、ある不満を募らせていた。そんな二人が生み出す、予測不可能な殺陣の行き先とは。

 そんな、至って説明通りのあらすじでありながら、ヒジョーに熱い一作です。あらすじもストーリーも、小細工抜きの展開で、一汗かいたような、スカッとした読後感を味わえます。サクッと読める分量でありながら、この熱量……。堪りませんねえ! 

 是非、読んで頂きたい一作です!

★★★ Excellent!!!

戦うことでしかわかりあえない、とバトルものではよく言いますが。

現代日本で本気の斬りあいを見ることなんてそうそうありません。いかにレプリカだとしても、そこには本当の火花散る戦いがある。
アイドル出身の新人女優。どうしても拭えない偏見や先入観。しかしそれらは刃を交えることですべて剥がれていく。ベテラン俳優のプライドと憤怒。その向こう側に連れていくのもまた、本気の鍔迫り合いなのだと。