死神

ペーンネームはまだ無い

第01話:死神

「ふはははははっ、貴様の命は残り5分だ」


 漆黒しっこくのローブをまとった骸骨がいこつ。『死神』を名乗る怪物が、鈍く光るかまたずさえながら僕に死を宣告した。


「……僕、死ぬの?」

「そうだ。もはや死をまぬがれることは出来ぬ。震えて死を待つのだな、カルロス・アンダーソンよ」

「……は? カルロス? 違いますよ。僕、どうみても日本人ですよね?」


 僕が答えると死神はひどく困った顔をする。


「人違いしてしまった。ヤバいな。もう5分で死ぬ呪いをかけてしまったのに、どうしよう」

「は? 困りますよ、何とかしてくださいよ」

「いいだろう。私の不手際だからな」


 そう言うと死神は懐に手を入れて、紙きれを取り出した。


「では貴様には特別にこれをやろう」

「これがあれば助かるんですか? なんですか、これ?」

「野球の観戦チケットだ。洗剤もつけるから、どうか死を受けいれてくれぬか?」

「新聞勧誘レベルの交渉術ですね。そんなんで『あら、だったら死んでも良いかしら』なんて言いませんよ」

「……そう、なのか」


 死神は心底驚いた顔をした後、「少しだけ時間をくれ」と言って黒い物体を取り出して耳にあてる。


「……もしもし、主任ですか? 死神です。ちょっとご相談したい事がありまして」


 なるほど。上司に指示を仰ぐのか。


「……え? クビですか? いえ、それは困ります」


 どうやら大変なことになっているらしい。死神の顔にあせりの色が見える。


「はい……、はい……、判りました。そうします」


 黒い物体を懐にしまって死神がこちらに向き直る。


「ふはははははっ、待たせたな、人間よ」

「それで、主任はなんて言ってました?」

「ビール券も渡せば何とかなる、と」

「何ともなりませんよ。アンタの上司もポンコツですね」

「……そう、なのか」


 死神は心底驚いた顔をした後、「少しだけ時間をくれ」と言って、黒い物体を取り出して耳にあてる。


「……もしもし、母ちゃん? 死神だよ。ゴメン、俺、クビになるかも」


 駄目だ、コイツ。すべてを諦めてクビになる気でいやがる。

 僕は死神の肩に手を回すと、彼を励ます。


「まだ諦めるには早いですよ。一緒に僕が助かる方法を考えましょう」

「……そんなに優しくされたら惚れてしまうではないか」


 何を血迷っているんだ、コイツ。

 拳で思いきり顔面を殴打すると、死神が正気を取り戻す。


「今の一撃で良い案を思いついたぞ」

「聞かせてください」

「お前をサイボーグに改造しよう」


 駄目だ、コイツ。さっきの一撃で本格的に壊れたらしい。


「現実的な話をしてください」

「じゃあ、プロレスラーになるとか?」

「お前の呪いは筋肉で防げるのか?」

「いや、死ぬ」

「よし、まずはお前が死のうか」


 ふと、そこで気づく。腕時計を見て、一気に血の気が引く。


「時間がない。もう駄目だ」


 頭を抱える僕を見て、死神が不思議そうな顔をする。


「話が長くなりそうなんで、寿命を1時間延長しておきましたよ」

「……カラオケ店レベルの気軽さですね」


 僕の最後の5分は、まだまだ続くようです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

死神 ペーンネームはまだ無い @rice-steamer

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ