火花を刹那散らせ

作者 lager

30

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今にも朽ちそうな廃墟、恐ろしい鬼、散っていった仲間たち、残り時間……全体を説明されていない分、どうしてこうなったのかなど様々な想像を膨らませます。
はらはらする場面が続き、一転手に汗握る局面に。
最後まで読んで、「おおおお」となりました。矛盾もご都合展開もない、見事な一作です。

★★★ Excellent!!!

一行目から迫ってくる不穏な気配。

流麗な文章で描かれるのは、紅と黒が絡みあう命懸けの秘められた遊戯。


作者様の文章がすごく好きです。
地の文も大好きですし、息詰まる戦闘シーンも、読むたびに感嘆してしまいます!

ろくに状況が明かされないまま、それでも魅せられて読んでしまうのは、文章力の高さゆえ。

少しの残酷描写なら大丈夫という方は、ぜひ御一読を!