ポテラバ

作者 古川 奏

あぁ、ふがふがしてぇ。

  • ★★★ Excellent!!!

愛と書いていもと読む。そう言って過言でないほどのいもへの愛......
ん?
愛へのいも......?愛ゆえのいも?

うん、どっちでもいいや。

この作品、とにかく笑えます。僕も親の前で必死でにやけをこらえながら読んでました。
何故そこまで必死にいもについて語れるのか。いもを愛せるのか。もうそこには、ある種の神聖ささえ見出せるのではないかと思います。

とにかくまぁ、読んでみてください。
ふがふがしながら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

尾瓶 晃夜さんの他のおすすめレビュー 18