半端者のダンス

作者 詩一

22

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

当たり前なのだが敢えて言いたい。

この作品には、詩一さんがミチミチに詰まっている。



個人の主観ですが、この言い回しにこの表現に理詰めに笑顔にシチュエーション。
全てに『THE・詩一』を感じずにはいられません。
吹く風も、見えた光景も、隣のあの娘も壇上の感極まりも。

葛藤とか、猜疑心とか、いろんなものが混沌とした社会不満。
それらを抱えて作品へ溶け込ませ発するのは、詩一さんならではかと思いました。
後半は思わず背筋がぞくり。
身に覚え、あなたにもありますよ、きっとね。

ワタシもいつか、子頼さんになれるように。
先に詩一さんが行ったら、子頼さんのように声をかけてくださいね。

★★★ Excellent!!!

わたしは主人公たちの長いセリフ回しがとても好きになりました。会話のワンセンテンスにさえ主人公たちの人格と人生が凝縮されています。そして、書き続ける人間であるわたし自身がこの作品に没頭していました。それ以上の説明はいらないでしょう。是非お読みください。