新編 幼馴染は聖女らしい。

せれしあ

プロローグ

そこには、家があった。

小屋、と言うほどのものではない。 しかし、屋敷というには少し大きさが足りないような家である。


見れば、そこには家と、庭と、泉があった。

貴族の家と言った感じである。


庭には花がある。 一つ二つだけではなく、花畑とも言える程の数がある。


そんな庭で、花の世話をする少女がひとり。何処からともなくやって来たジョウロから、花達に水やりを行なっていた。 花が水を受け喜んでいるように動くものだから、彼女の頬もつい、緩んでしまうというものだ。


太陽は、そこにあった。

そこには、全てがあった。


人間もいる。 植物もいる。 家があって、豊かな土地もある。


あら、どうしたのアリシア。


ついでに、小鳥もいた。

純白な装いをした少女に合った、青い鳥である。 小鳥は彼女の肩に乗り、何やらいる様だった。


そう、朝食が出来たのね。 教えてくれてありがとう、戻る事にするわ。


少女の声を聞いたのち、小鳥は家へと帰っていった。 斥候というか伝令というか、仕事のできる鳥である。


不意に、少女が微笑んだ。 恐らくは、鳥を見て笑ったのだろう。


さて、行きましょうか。


庭から家に戻ろうと、少女はジョウロから手を離した。 そしてそのまま、踵を返す。



何処からともなくやって来たジョウロは、何処からともなく消え去っていた。



それは、少女が獲得した幸福。

永遠を生きる少女の、閉ざされた世界。



********************



「ただいま戻りました、お父様」


そこには、家があった。 村外れにポツンと建っているもので、小さな庭もある。 更には泉だって、少女の父親が趣味でらしい。


手に持ったジョウロを棚に置いて、少女は父親に帰宅を告げた。


「あぁ、お帰り。 花は喜んでいたかい?」

「はい、とても。 私もなんだか、嬉しくなりました」


そろそろ朝食の時間である。 朝起きたら教会で礼拝を行い、その後は花に水やりをする。


ごく普通の1日。 そこには幸福があった。


「手を洗って来なさい。 朝食にしよう」

「分かりました、お父様」


変化なんて要らない。

みんなが憧れるお姫様になんてなる必要はなくて、このままずっと、ここで過ごせていればいいのだと。


少女はそんな事を思いながら、美味な朝食を摂り始めた。


********************


そういえば、今代の聖女はまだ、決まっていないのでしょうか?


友達が神父様に向かって、そんな事を聞いていたのを覚えています。


はい。 大聖堂によれば、あと数年で啓示が降るのは確かだと言われています。


そんな答えが神父様から帰って来たので、彼女は自分にもチャンスがあるかも、と言っていました。


ここは女神様を信奉する、女神教の国。

そこでは何十年に一度か、聖女という特別な存在が、国の少女の中から選ばれます。


何百万といる女の子の中から、たった一人。

複数の候補が聖女の座をかけて争う、なんて事はなく。 ただ一人が聖女として女神様の啓示を受け、女神様の庭が栄える為に力を尽くす。 そんな存在がいるのです。


選ばれた女の子には拒否権などありません。

選ぶのは女神様で、私たちの都合で別の聖女を立てる事はできないのです。


聖女は恋愛を禁止されます。

それだけでは無く、その命が尽きるまで、祖国のために尽くす事を強制されます。


そして聖女は、往往にして短命です。 老婆の聖女など存在せず、三十代後半まで生きることが出来れば長い方である、と言える程。



お父様はこう言いました。


「聖女とはね、装置の名前なんだ」


恐ろしくなった事を覚えています。

人間としての生を捨てて、ただ国のために尽くす装置に、モノになる。


燃え尽きる消耗品。 そうと決まった時点で救いはありません。



震える声で、お父様に問いかけます。


「私が聖女になる。

そんな可能性は、万が一にも有り得ますか」

「あぁ、あり得る。

私はむしろ、聖女は君なんじゃないかと思っているよ」


即答でした。

何とも言うことができず、呆然としたのを覚えています。


「一応、聞いておこうか。

もし君が聖女に選ばれたとして、君はその役目を果たそうと思えるかい?」


答えられませんでした。

内心では嫌だと思っていても、なぜか口には出せません。 自分の運命から、逃げてはいけない気がするのです。


しかし、だからと言って頷くこともできず。

私はただ、スカートの裾を握ることしかできませんでした。


「一応、考えておきなさい。

きっと役に立つだろうから」

「……はい」


いったいどんな根拠があって、お父様はこんな事を言ったのでしょうか。 我が父ながら、相変わらず謎が多いお方です。


しかし、驚く事に。

お父様の言葉は、現実のものになりました。



『目覚めなさい』


それは、全ての始まりでした。

幾多の苦難、挫折を超え、私が小さな幸せを掴むまでの、長い物語が始まります。


















  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます