オボレちゃんは沈めたい

作者 六畳のえる

165

60人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

女子高生五人組っていう王道モノなんだけど、その設定がぶっ飛んでる(褒め言葉)
キャラクターが、殺害方法の擬人化!
この発想はさすがのえるさんと唸らずにいられません。

もちろん、それぞれが自分のキャラに合った口癖や特技を持っていて、主人公オボレちゃんの恋路をその特性を活かして応援するのですが……

生き生きとしたキャラクター達の絶妙な掛け合いに、読めば溺れちゃうこと間違いなしです!

★★★ Excellent!!!

 ネタバレになってしまうかもしれませんが、いろんな解釈ができる作品です。彼女たちは本当に殺害を目的としていたのか、最後のオチに彼女たちが直接関わっているのかどうか。
 口癖でそれぞれキャラが立つのは、擬人化ならではの醍醐味ですね。
 続くかな。続くといいな。

★★ Very Good!!

ミステリーというよりJKが料理相手に悪戦苦闘する姿みてニヨニヨする小説です。あとオチのブラックさに別の意味でニヤニヤしますが。
殺害方法擬人化という発想はニヤリとしますが、お題の消化としてはどうかなー、とは思いました。このメンツなら仕事人モノにしてその名前らしいお仕置き(生死問わず)の方が良かったんじゃないかなーと思ったり。

★★★ Excellent!!!

殺人方法の擬人化。この発想はなかった。

こんなのの擬人化なんてまあ恐ろしいイメージを抱きがちですが、登場する人物達は可愛らしい女の子。そして、お話は恋について。甘酸っぱさが滲み出てきます。

コミカルに進む展開に、最後はミステリーらしい終わり方。短いお話ながらも綺麗にまとまっていました。

★★★ Excellent!!!

着眼点が素晴らしすぎます。

擬人化で「死因」をチョイスしつつも、物語は女の子5人がワイワイきゃっきゃしながら展開する学園ラブコメ……と思いきや、最後はちょっとヒヤッとする結末。

まさにエンターテイメントのフルコース。

「沈めるわよ?」など各キャラの特徴に応じた語尾はなんだか癖になります。

また、料理のチョイスがロールキャベツなことも絶妙。ちゃんと五人のキャラが立つシーンがある料理工程なんですよね。溺ちゃんの狂気の料理シーンは必見。。。笑

先輩の名前がアレな時点でなんとなく予想はしつつ、期待を裏切らないオチは見事でした。

★★★ Excellent!!!

登場するキャラクタが皆かわいいっ!

繩巻絞ちゃん推しです!!!
けれど、毒入痺ちゃんも捨て難い……むむ……
中盤で萌え殺されて、バーニング☆した私のココロをコールドスリープするかのような結末へ!!!

素晴らしい緩急が効いた作品を読み逃しなくっ!