俺がバイトを失った日

作者 品格3

明るさとそこに潜むものとのコントラスト

  • ★★★ Excellent!!!

読んでみたらわかりますが、内容だけ考えるととても辛くなるお話。
でもじゃあこのお話自体が暗いお話なのか。と言われると、いやそうとは限らないと思います。

作者さんが明るい気質であられるのか、それとも表現がお上手なのか(両方の要素とも含まれていると個人的には思います)、読んでいる間は結構楽しく読めました。そして思い返してみて愕然としました。もし自分が巻き込まれたらどうしたらいいのか、そもそも冷静に考えてこんなことがあっていいのか、など考えさせられます。

こんな体験をこのような言葉遣いで表現できる作者さんですし、作中の会話から想像させていただく限りだとかなり人間味のある方。そしてその魅力は存分に活かされているように感じられます。

まず最初にお話自体を楽しめる、そして次に内容を考えてみて学ぶことができる、そんな作品かなと感じられました。読んでみて損をした、なんてことにはならないお話です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

以前。
給料が大幅に減額されました。

人件費がなかったからです。
しかも、中間~下っ端にかけてが切られました。上は現状維持。

「こんな泥船に乗っていても沈没するだけだよ」
そう言って、何人も同僚… 続きを読む