小清水くんに教えてあげて

作者 Han Lu

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

誰もが身に覚えがあるだろう些細な出来事。多分、日々の生活の中で、見過ごされてしまうことの方が多いかもしれない心のささくれ。

電車の中の出会いだったり、昔の友人との約束やしこりだったり、夫婦のすれ違いだったり……。時に謎めく出来事を抱えた人々との邂逅を通して、小清水くんが紡いでくれる物語は劇的ではないからこそ限りなく優しい。

私も、私の些細な出来事を小清水くんに聞いてもらいたくなる、そんな秀作です。

★★★ Excellent!!!

きっと、誰にだって誰かに言いふらすまでもない些細なことがあることでしょう。これはそんな、誰かの日常に潜んだ小さな出来事を集めた短編集です。

小清水くんという人物が何らかの形で各話に出てくるのですが……、描写の工夫で、彼がいつ出てくるのかわからず、ここで出てくるのかと驚くことが何度もありました。
一つ一つの短編も、構成がうまく、出来事が解消されていくさまには納得しました。

連作短編を書きたい方には、良い参考になるのではないかと思います。読みやすいのでぜひ。
夜にひっそりと読むのがおすすめです。この物語にはそんな、日常に溶け込むような自然さを感じます。

★★★ Excellent!!!

どこかの街で、どこかの道端で。今日にでも、明日にでも。或いは昨日聞いたかもしれない。

ありふれた日常の中に、きっとそんなことは度々起こる。
あなたの隣で、いつかきっとあっただろう。

少し切なくて、冷やと感じることも街にはある。
でもそれ以上に、温かい繋がりが街には溢れている。
不思議なことだって、分からないことだって、街はずっとそのままを呑み込んできた。

あなたがほんの少し。その話を聞かせてほしいと思えば、すぐに知ることができる。

ほら。あなたの心が求めていると、小清水くんに教えてあげて。

★★★ Excellent!!!

普通に生活しているごく普通の人たちが織りなす、ちょっと不思議な日常ドラマ。そんな、普段ならどこかに埋もれてしまいそうなパーソナルなお話を、沿線ライター小清水くんが私たちに伝えてくれる短編集です。
各話にはちょっとした「仕掛け」があり、日常ドラマをそれだけで終わらせないスパイスになっています。

これまでファンタジーやSF要素の強い物語を発表されて来た作者さまですが、実はこの手のジャンルこそが作者さまの真骨頂ではないのかと、私は思ってしまいます。
これは間違いなく、作者さまのナチュラルな感性と観察眼が生み出した、珠玉の短編集です。

ところで私は、この短編集を深夜に読むようお勧めします。自分だけの時間になった時に、落ち着いてゆったりと。
そうすればきっと、自分だけが観ることのできる短編映像ドラマが目の前に繰り広げられるはず。
仕事に疲れた夜に明日に向けてのリフレッシュ。そんな気分でこの短編集を読んでほしいと思います。