本作品はこんなお話でした

 冴えないドラッグストア従業員のお話、いかがだったでしょうか。

 最後は益体やくたいもないことを書き、エッセイかそうじゃないかも判別できない作品でしたが、ご覧いただいたすべての方にお礼を申し上げます。

 前の投稿にも書いた通り、今日まで続けられたのは間違いなく皆様のおかげです。


 もしも、こんな作品でも投稿を楽しみにしてくださっていた方がいらっしゃれば、予告なく終わらせてしまったことをお詫びいたします。本当に申し訳ございません。


 上手く続けられないかと以前から試行錯誤していたのですが、要領よく時間をやりくりする方法が見つからず、このような決断とさせていただきました。

 取り上げるテーマはまだあったので、ネタ切れの心配はなかったのですが……。


 難しいものですね、いろいろと。


 振り返れば軽い気持ちで始めたエッセイ。投稿に関して学ぶ以上に、多くの方々と交流を持つことができたことが何よりも嬉しいです。やって良かった。

 感謝は作品を拝読、応援するという形でお返ししていきたいと思っております。読む時間ができるので、また皆さまの物語を満喫できるのは嬉しいです。


 お時間があれば、今後の竹鋸椎武の作品をどうぞよろしくお願いいたします。それでは——


 ありがとうございました~。お大事にどうぞ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

文解よくわかるドラッグストア 竹鋸椎武 @takenoko-shi-take

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ