赤ずきんちゃんLV999999 ~最強の冒険者になったので、ドラゴンだってぶちのめします!~

作者 海野ハル

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全63話

更新

  1. 第一話:雪の女王 【赤ずきんちゃん編】
  2. 1-1:狼さんのお顔に鉛玉がぶちこまれたとき、わたしはゾクゾクしてしまったのです。
  3. 1-2:おバカさんね。盛大にぶっ放したほうが楽しいじゃない。
  4. 1-3:ぼくは誰かさんみたいに、夜中にポエムを呟くクセはないんだからさ。
  5. 1-4:ああ、最高です。鈍器で殴るのってきもちいい。
  6. 1-5:ヤバくなったらわたしが逃げるまで、時間を稼いでくださいね。
  7. 1-6:おっぱい大きかったら助けてあげたいな。
  8. 1-7:あのキラキラしたやつをぶちのめしておやりなさい。
  9. 1-8:もしかして完全にやばいやつだと思っています? わたしのこと。
  10. 1-9:赤ずきんちゃんは結局、魔物をぶちのめすことしか考えてないんだよなあ。
  11. 1-10:あら、知りませんでしたの? これでもけっこう気に入っていますのよ。
  12. 1-11:パパ、ママ、ごめんなさい。わたしもう無理ですバタリ。
  13. 1-12:ていうかクソ寒くて死にそう。
  14. 1-13:☆ヴァージニアちゃんの乙女日記☆
  15. 1-14:ただのお友だちではなく、親友にだってなれるかも。
  16. 1-15:ていうか赤ずきんちゃん、やけに刺激的な格好だね。
  17. 1-16:お友だちとひとつ、約束を交わしただけのこと。
  18. 1-17:ではでは、わくわくする狩りをはじめましょ。
  19. 1-18:よっしゃ!! めちゃくちゃえっちなことさせるぞっ!!
  20. 1-19:赤ずきんちゃん――いざ、突撃ですっ!!
  21. 1-20:あら、わたしはただの可愛くて強い女の子ですって。
  22. 1-21:盛大なフィナーレといきましょう。クソ女王さま。
  23. 1-22:あいつ、いよいよ正体を見せるつもりなのです。
  24. 1-23:あ、もっとでけえ。
  25. 1-24:ウフフフ。死ぬときはいっしょですよ、マロック。
  26. 1-25:相手が強大だからこそ、ぶちのめしたときの喜びも大きいのですよね。
  27. 1-26:あなたの力を見せてやりなさい、ティンカーベル!!!
  28. 1-27:でもたぶん、なんとかなるのではないかしら。
  29. 1-28:もしかしてめちゃモテガールなのでは、今のわたし。
  30. 1-29:レベル999999の冒険者になってみせましょう。
  31. 第二話:幸福の青い鳥 【マロック編】
  32. 2-1:ぼく狼だから、いい匂いがする布を嗅ごうとしていただけなのに。
  33. 2-2:食うか食われるか。これぞ由緒正しき魔物めし。
  34. 2-3:さすがに赤ずきんちゃん並にヤバいやつなんていないはず。
  35. 2-4:一点突破の攻撃を仕掛けるしかないっ!!
  36. 2-5:えんがちょ……。ひどいめにあいましたわ……。
  37. 2-6:今、いやらしい目で見ていませんでした?
  38. 2-7:わたし、触れるものすべてを爆発させたい人みたいでヤバい感じ
  39. 2-8:もしかして目の前にあるのって、宝の山だったりするのでは。
  40. 2-9:待って。普通に死ぬやつじゃんそれ。
  41. 2-10:バジリスクとマンドラゴラの、生姜焼き風ソテーの完成です。
  42. 2-11:やはり赤ずきんちゃんの料理スキルは豊穣の神レベル。
  43. 2-12:……は? 誰がちっちゃいですって?
  44. 2-13:君さあ、どこでカブトムシさんの恨みを買ったわけ?
  45. 2-14:マズいですわね。いつものノリでぶっ放すつもりでいました。
  46. 2-15:赤ずきんちゃんの強さの秘訣、というより恐ろしさのひとつがこれ。
  47. 2-16:たぶん赤ずきんちゃんが全面的に悪いんだと思うけど。
  48. 2-17:まあ!! なんてお優しいご主人さまですことっ!!
  49. 2-18:びっくりするほどスローライフな流れじゃないの。
  50. 2-19:なにせケンカを売る相手を選ばないからね、君の場合。
  51. 2-20:ハッ! しゃらくせえですわ! 
  52. 2-21:赤ずきんちゃん、いびきがうるさいんだよなあ……。
  53. 2-22:わたしどうぶつさんとおはなしができるようになったかも!
  54. 2-23:ぼくはこんなところで死ぬわけにいかないからさっ!
  55. 2-24:フフフ、哀れんでくれてもいいのだぞ。
  56. 2-25:だってぼくはマロックだから。
  57. 2-26:わたしはわたしは、満月のように輝く究極の美☆天使。
  58. 2-27:とっておきのやつがあるから覚悟しとけよ。もうすぐ地獄にご招待さ。
  59. 2-28:君の相棒なんだし、どんなときだってそばにいるよ。
  60. 2-29:我らがケンカを売ったのはもっとずっと、凶悪な存在なのだから。
  61. 2-30:あ、図鑑のイラストみたいなポーズしていますよ。
  62. 2-31:今だ! ぶっぱなせ!
  63. 2-32:だけどぼくは騎馬じゃない。騎士なんだ。
  64. 2-33:もしかしてこれが本当の幸福なのかなって思うよね。
  65. エピローグ:また会う日まで
  66. おやすみなさい、ティンカーベル。