勇者パーティーで回復役だった僕は、田舎村で治療院を開きます

作者 空 水城

1,547

617人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

韓国人だから文章が変することができます。
主人公とその周辺の人物たちも元気に過ごしていて、魔王も満足したので良かった。
勇者パーティーはよく分からないが、よくやっていくことのせいウハッピーエンドという感じいい。
ああ 後半の内容は少し楽しみが落ちる。

★★★ Excellent!!!

スローライフをしたい治癒士がなんだかんだでスローライフを送れない、面倒事を持って来る患者になんだかんだで付き合わされる。
「スローライフします!」、というより「スローライフしたいのに!」みたいな作品、読者にそこを突っ込こんでもらうタイプの作風と感じてる。
「スローライフしてないじゃないか」という意見もちらほら聞くがしてないのではない、「出来ないんだ…」主人公がいくら振り払おうともなんだかんだで細かいボロを出す主人公に面白いみを感じてる、四天王や魔王との戦闘も「論理的」に「アホ」だから面白い、敵もなかなか人間的でやっぱり悪魔より。
ジャンルとしては、「RPG系の参加型ギャグアクション?」、ちなみに主人公は現地民、彼らにとって異世界ではないので別枠にしてる
まぁー「個人的な意見」ですw

★★★ Excellent!!!

テンポはややスローな印象で、バトルでミデアムまで加速する。魔法達がバラエティーに富んでいるところが特筆される。公私共にこの作品に入り込みたい。どうしてそうなったか、分かりやすく描かれているところが素晴らしい。
回復枠は二人いてもいい気がする。例えば二つ以上の長所がある。一つの弱点を皆で分かち合う。そういう世界があってもいい。
主人公がその域に達したのは、一つの長所を用いて徐々に発揮した。回復は他のメンバーの長所を二倍三倍にも出来るだろう。
文章の構成力、演出力が高い。生きるも死ぬもキャラクター達。

★★★ Excellent!!!

(僕は韓国人です。日本語が下手ので、ご了承をお願いします。)

「とてもかわいいもの惑わされて幼馴染を追放した結果、その幼馴染を他の女性に奪われてしまった愚かな女子勇者」ですね。

ところで、勇者として旅する前に、主人公に勇者パーティーの加担を勧誘していたのは、彼女だったのに、なぜ追放したのか理解がダメですね。それでも彼女は、過去の行動に反省したのか、勇者パーティーの復帰を幼馴染である彼に要請したが、彼の答えは拒絶.......当然の結果でしょうか? 彼はすでに治癒士としての座を取ったので。

ところが、魔王と四天王が美少女であり、幼なじみがかわいい彼女たちと戦うことを嫌って勇者の加護を失ったことに大爆笑しました。

★★ Very Good!!

 か、鑑定しろよぅ……読みながら、ぁぅぁぅ言いたくなる程に鑑定してくれない鑑定能力者コンビによる『ゆるふわアドベンチャー』

主人公は定番、勇者パーティー解雇者のゼノン。
治療クラスを得た10歳から幼なじみの女勇者に10年も引き摺り回されてきたのに突然の冷たい解雇!
 (微妙に)傷心の彼は勇者旅の最中に気に入ったのどかな村に治療師として住む事に……

 勿論、いろんな騒ぎに巻き込まれまた巻き込みスローライフはスローで居てくれないのですが、んー

 なんてゆーか、スローらぶスローはーれむ?的なのんびり作品ですん。
*読者コメントに本文改訂前の物が多数、現在の内容とズレが生じており、以前の文章が凄く気になります。 ご注意!

★★★ Excellent!!!

最近では下剋上や復讐といった行為で相手を見返そうとする話も多いですが、偶には勇者チームとは違う人生を送る作品があっても良いとは思いませんか? 此方が正にソレです。
回復役の主人公は田舎でのんびりと余生を過ごし、残りの人生を穏やかに過ごす……筈だったのですが、何の因果なのか彼の身には様々な依頼やトラブルや事件が転がり込む。
けれども血生臭さは皆無であり、平和的な話が殆どですので心穏やかにスラスラと読めます。平和でほのぼのとした異世界ファンタジーを読みたいと思われた人に御勧めする一作でございます。