出て行くか、払うか──家賃保証会社の話

作者 0207

38

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

貴方の日常のすぐ隣に潜む、平々凡々たる暗闇の話です。やりきれなくて、どうしようもなく面白い!
さらに、この話をどう感じるかで、読む貴方自身の「お花畑度」も試される、のかも知れませんよ。
また人生の勉強にもなります。私は自分住むマンション自治会の理事に加わっていますが、問題行動をする居住者への対処に光明を得ました。
そして、私の住むマンションもまた「大島てる」に載っているのです。ひとつ上の階が。

★★★ Excellent!!!

読んでいるとたまらなく感傷的になり、喉が渇いて酒を口にしたくなる。断崖に立ち、足下で渦巻く波飛沫をそら恐ろしい気持ちで眺めているような気持ちになる。どこかいつかの世界の、ほんの少しだけ間違えてしまった……ほの暗い自分の軌跡のような気もする。たまらなく素敵だ。