小説好きが短歌を始めた

作者 rainy

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

短歌、というと、百人一首のような古典和歌をイメージされる方も多いと思いますが、我々のような歌詠みが「短歌」と言った場合は、現代短歌を指します。では、現代短歌とはどういうものなのか?

理屈ではなく、rainyさんの本作を読んでみて下さい。
現代短歌を始めて間もない方なのですが、精力的に新聞や雑誌に投稿しておられます。
この作品集は、新聞や雑誌に掲載されたものが中心です。
誰でも載せてもらえるわけではなく、選者から「優れている」と評価された作品だけが載るのです。

権威を求めるわけではありませんが、やはり、選ばれた作品というのには、納得のいく理由があります。
私もここに載っている作品がとても魅力的だと思いますし、多くの人がそう感じると思います。

この作品集は厳選された少数の作品と、コメントからなります。
ですから、以下のように思っておられる方にお薦めします。

・現代短歌ってどんなもの?
・どういうのが評価されてるの?
・コンパクトにお願いします

「和歌」じゃない短歌ってどんなの?と思っている人、是非読んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!

短歌は31文字前後で構成されています。31文字で世の中の、人間のあらゆることを描写するのは難しいように思えます。短い!

だけれど、ちょっと趣向を凝らせば、うまくリズムに乗せて伝えきることができるんですよね。短歌に限らず、本当に伝えたいことはそれぐらいで伝わるようになっているのかもしれません。

素晴らしい作品でした。私も秋の味が知りたいっ!