異世界転生しても社畜は安らぎを得たい

作者 牧野 麻也

48

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

「手のひらで踊っているのはこいつらではないぞ。私と貴様だ……。この私の姿は未来の貴様の姿なのだ……ふはははは」
 タクティクスオウガ(クエスト)に、そんな台詞が出てくる。主人公が所属する少数民族を虐殺し続けたある権力者が、主人公陣営の反撃を受けて遂に処刑される時の最期の台詞だ。こいつら、とは民衆そのものを示し、貴様とは主人公の主君を指す。主人公本人ではないので念のため。
 さて、本作は異世界転生における非常に皮肉な、しかし大いに考えられ得る可能性を示唆している。本作の非凡な点は、現実に同じ立場に置かれたなら大抵の人間は主人公と同じ判断を取ると読者に思わしめることに尽きるだろう。更に踏み込むと、誰かが指摘せねばならないことでもある。
 私は異世界転生そのものをなんら否定や非難するものではない。ないが、テンプレートに極端に頼り過ぎると、本来現実を離れて自由に活躍するはずだった痛快な冒険の数々が非現実のための非現実に矮小化されかねない……身も蓋もない言い方をすると金太郎飴のように似たり寄ったりな話ばかりになる……のを危惧してもいる。
 だからこそ、その冒険は誰のためなのか、なんのためなのか、錨のように安定した手がかりを本作はもたらしてくれる。

★★★ Excellent!!!

『 例の如く。
  トラックに轢かれた。』

そう「例の如く」に。
だって異世界転生だからね。
(な~んだ。また異世界転生かよ~……)とうんざりしちゃった、そこのアナタ!

いやだがしかし! 違うんであ~る!

日本の財産お疲れ社畜が謳いあげた 超絶魂の絶叫を聴け! ←だいたい3頁目の中盤あたり

これ、マジで上手い短編です。
4頁しかないから5分で読めます。

美男美女に取り囲まれた 転生社畜の選択はいかに!?

結末は、どうぞ、ご自分の目で(*^^*)