【短編】蝉の声

作者 ボンゴレ☆ビガンゴ

43

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 冬を越えて。
 春が望むものは。

 夏の終わり。
 来たる秋。

 最後の言葉は、実りをもたらすことのない。
 生も性も、語る口も持たない虫たちの叫び。

 それは――

 季節を幾つ巡っても、きっと耳の奥底にこびり付いて離れない夏の残響。
 羽音のように耳障りな音、抜け殻のように乾いた日常、唇のようにひび割れた人間関係。
 そこに差し込む青春の光、伸びる歪な影。

 ああ。
 渇望の果てに、辿り着いた真実でさえ、誰かを救うことは出来ないのか。

★★★ Excellent!!!

夏の終わり、一人の友人が死んだ。
友情の先には恋愛があり、恋愛の裏には嫉妬が覗く。
そして徐々に浮かび上がるナツの死の真相。
それは全てを超越した衝撃の事実だった。

わたしは本当のことが知りたいだけ。

知らない方がいいことだって沢山ある。
私たちが知っていることなんて、人間のほんの一部、でもそれでいい。

もしあなたが最後まで読み進める勇気があるのなら、そのラストはきっとあなたの心を大きく抉ることでしょう。