銀は血に濡れて ~古代ローマ謎解き冒険譚~

作者 綾束 乙

58

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ついに来ました! 古代ローマの魅力が、た~ぷり詰まった素敵な物語、カクヨムに降臨しちゃっていますよ~
 わ~い、わ~い、やった~♬
 私、古代ローマが好きなのですよ~ たまりませんよ~ 涎が垂れまくりですよ~ あへあへ……
 おっと、危ない脳内トリップするところでした。ふう~
 物語は、無実の罪で死刑にされそうになった青年が、それを助ける令嬢に振り回され、やがて古代ローマを揺るがす事件の渦に巻き込まれていくお話しです。
 そうなのです。この青年は、冒頭から事件に巻き込まれて、振り回されて、いい迷惑を食らってしまうのですよ~ どこまでかは内緒です~
 その大半は、自分を助けた令嬢に、なのです。
 でもですね、この青年はただ振り回されるだけではありません!
 剣を取り、颯爽と戦ったり。
 鋭い洞察力で、事件のカギへ迫ったり。
 もう~ 出来る殿方なのですよ~ トラトス素敵~ 涎が出ちゃう~♬
 はっ! 自分の性癖がバレるところでした…… 何て恐ろしい物語なのでしょう……
 他の方が仰られている通り、令嬢アマリアもとても魅力的なキャラクターで、物語の風味を引き立ててくれます。
 その上、古代ローマのふむふむな知識も満載♬
 一粒で三つも美味しい物語なのですよ~ 面白かったです~♬ 

★★★ Excellent!!!

まず語りたいのはアマリアだ!ヒロインであるアマリアがすげえんだ!正に行動の女!女傑!強い女!って感じなんだ!良家のお嬢様なんだが、深窓の令嬢なんてどこふく風とばかりに『ガンガンいくわ』とばかりに動いていく!でもそれでいて礼儀や育ちの良さは言葉から感じられる!魅力的!そうそう、主人公のトラトスを忘れちゃいけねえ!彼がまたアマリアとは逆の世界を見てきたことが分かるほど搦め手がうめえんだ!すこーしだけネタバレするが、酒をちょろまかしてくるところとか、それを使って聞き出すところとか『こいつ…できる…!』と何度も思ったぜ!

失礼しました。
キャラもいいですが、世界観もまたいいです。時折挟まれる風景やら家々やそこに生きる人々。これが相当細かく、それもかなり精密に書かれています。作者様は相当研究されたかと思います。キャラで楽しみ、深く作られた歴史的知識に基づいた作品、どうぞ読んでみては如何でしょうか?

★★★ Excellent!!!

属州民のトラトスは、身に覚えのない殺人の罪を着せられ、公開処刑されることになってしまった。からくも飢えた獅子の餌食になることを逃れたトラトスだが、追われる羽目に。身の潔白を証明するには、真犯人を捕まえるしかない。脱走した彼を匿ったのは、元老院議員の娘アマリアだった。正義感の強い彼女に励まされ、犯人を捜索するトラトスだったが、やがて帝国を二分する巨大な陰謀へ巻き込まれていく。


美人で勝気なお嬢さまアマリアが、とにかく可愛らしいです。古代ローマの身分と社会制度、信仰、風俗を、詳細に描く描写が、歴史好きにはたまりません。まるで、当時の街を、主人公達と一緒に駆け回っているような気分にさせてくれます。

物語の舞台は、北アフリカ属州からローマへ、ローマからブリタニアへ、ブリタニアからパンノニアへ、長距離を移動します。
トラトスは冤罪を晴らすことが出来るのか? 皇帝位をめぐる陰謀を阻止出来るのか? ーー読後の気分も爽快な、古代ローマ冒険譚。是非、彼らと共に駆け抜けて下さい。

★★★ Excellent!!!

舞台は古代ローマ。
紀元196年です。
ちなみに、このときの日本は、仲哀天皇の時代でした。
この天皇さんのお父さんは、日本武尊です。

そんな時代に起こった『殺人事件』の容疑者にされてしまった、トラトス。
彼に下った処分は、死刑。
執行方法は、野獣に生きたまま喰らわれる、というものです。

そんな彼が、無実を晴らすため、元老院議員の娘、アマリアと、ローマを駆け回ります。
実は、この事件。
調べれば調べるほど、裏には大きな陰謀が渦巻いていて……。

ミステリーとしても純粋に楽しめますが、圧倒的な知識量と、繊細な筆致に脱帽です。

世界史の授業だと、数ページ程度の古代ローマ。
その世界が、ここでは生き生きと描かれています。

さて。
トラトスとアマリアが手に入れた真実はなんなのか。
是非、お楽しみ下さい。

★★★ Excellent!!!

平凡な青年が気の強いお嬢様といっしょに広大な古代ローマ世界を駆け巡る!

ひょんなことから殺人犯の濡れ衣を着せられた主人公。処刑される直前に間一髪で逃げ出す冒頭がドラマチック。要所で挿入される街の風景や風俗の描写が魅力的で、その時代の知識が浅くても楽しめました。

しっかり考証がなされた時代小説であると同時に旅情ミステリの味わいもあり、なんといっても登場人物の台詞回しが粋! 読み始めたら一気に引き込まれること間違いなしです。

★★★ Excellent!!!

冤罪の為に投獄され、闘技場に投げ込まれたトラトス。
観客は彼がライオンに惨殺されるのを待ち望んでいる。
ここで殺されてたまるか。
真犯人を捕らえなければ。

脱走したトラトスは、美しい令嬢アマリアに救われる。
アマリアは知見が広く機知に富み、何より威勢がいい。
彼女はトラトスの事件に首を突っ込み、真相に迫るも、
今度は彼女の兄が死亡したという知らせに接して──。

広大な古代ローマをあちこちへと飛び回る謎解き紀行。
流れ者の属州民トラトスと行動力抜群な令嬢アマリア、
およそ接点のなさそうな2人の凸凹バディが小気味良く、
軍事大国でもあるローマの国情があざやかに描かれる。

西洋史はまったくもってわかっていないので、
とても新鮮で、興味深く楽しく拝読しました。

★★★ Excellent!!!

 建築物、服装、生活、歴史に政治、さらには食べ物に至るまで、作中には古代ローマの基盤が実に丁寧に敷かれています。その世界を舞台に、ある人物の死の真相を追うという、内容は現代の刑事ドラマのような本格ミステリー。それも、町から町を旅して謎を解いていく壮大な冒険譚です。

 しかし、この物語の魅力は、なんといっても、随所に見られる上手いセリフ回しです。ヒロインであるアマリアと、そして彼女の用心棒となったトラトスとのやりとりは特に魅力的ですが、ほかの登場人物との会話も全てがカッコよく、読んでいてわくわくします。スピード感と迫力あるアクションシーンも見ものです。

 粋なお嬢様と、彼女のことを放っておけない青年。二人が繰り広げる痛快なストーリー展開をお楽しみください。